船の紹介

おりんぴあ どりーむ ・・・バリアフリーの快適なフェリー

「東洋のエーゲ海に浮かぶオリンピアの夢」

image

おりんぴあ どりーむの船内

甲板で足湯が楽しめます

船 名 OLMPIA DREAM(おりんぴあ どりーむ)
「東洋のエーゲ海に浮かぶオリンピアの夢」
ギリシャでオリンピックが開催された年に起工することを記念した命名
両備運輸(株)の旅客船フェリーは1964年東京オリンピック(10月10日)開催日に小豆島に就航し、小豆島とオリンピック発生の地オリンピアのあるギリシャの島ミロス島が姉妹島縁組(1988年)していること等から、オリンピアと命名。以降サン・オリンピア、ニュー・オリンピア、と全てオリンピアがついています。
デザイン 両備グループデザイン顧問 水戸岡 鋭治

おりんぴあ どりーむ概要

全 長 66.03m(従来船の最大50m)
最大幅 14.70m
深 さ 3.9m
総トン数 990トン(従来船の最大690トン)
航海速力 13.0ノット(時速24キロ)
推進力 エンジン2基2軸
乗組員 6人
定 員 500人(航行時間1.5時間未満)片道1時間10分(従来船480人)
車両搭載能力 普通乗用車60台(従来船55台)
観光バス9台(従来船8台)
水戸岡 鋭治(みとおか えいじ)

1947年7月5日生まれ
岡山市田町出身、東京板橋区在住(株)ドーンデザイン研究所代表、JR九州デザイン顧問、両備グループデザイン顧問
近況:JR九州特急つばめデザイン、おかやま桃太郎スタジアムサインデザイン、桃太郎アリーナ設計デザイン、わかやま電鉄 いちご電車 他

おりんぴあ どりーむ見取り図